早ろう治療薬「プリリジー」で早ろうで悩むのはもう止めよう!

早ろうって友達や同僚にも相談し辛くありませんか?だからと言って気軽に病院にってわけにも行きませんよね?人にも言えないのに病院に行ってる事が分かれば何となく恥ずかしさも出てくるでしょう。早ろうの治療薬は市販薬ではないので簡単に買えません。そういう時こそ個人輸入がとても便利だって事を知っていましたか?

*

「プリリジー」で早ろうが改善されるのはなぜなのか?

早ろうに悩む人の治療薬として「プリリジー」は海外の製薬会社で開発されました。世界初の飲むタイプの治療薬は、海外で医薬品として認められています。

男性が勃起して射精に至るまで、交感神経と副交感神経が大きくかかわっています。快感を感じてペニスの血管が膨張する際には副交感神経が優位に働いていていますが、脳内でノルアドレナリンが分泌され興奮の度合いが増してくると交感神経が優位になる状態で、射精が起きてしまいます。

有効成分ダポキセチンがセロトニンを増やす

興奮にかかわるノルアドレナリンは、ストレスや不安を感じるときにも脳内で分泌されるため、早ろうに対する不安を抱えている人は初めからノルアドレナリンが分泌されていて、興奮とともに大量になりすぐに射精に至ってしまいやすい傾向があります。

勃起してから射精に至るまでの時間を長引かせるためには、ノルアドレナリンを抑制する必要があり、その役割を担ってくれるのは脳内伝達物質であるセロトニンです。

心身に安らぎを与えたり、リラックスさせることに絶大な効果を持っているためで、射精が起きる際にセロトニンが神経細胞に再吸収され量が低下することが分かっているため、再吸収されないようにする必要があって、その効果が期待できる成分がプリリジーに含まれているダポキセチンという有効成分です。ダポキセチンのセロトニンに対する効果から、選択的セロトニン再取り込み阻害薬といわれることもあります。

ノルアドレナリンの大量分泌による過剰な興奮は脳を混乱させるので、射精のコントロールができなくなり錯乱した状態を解消するべく射精の指令が異常に早く出されて、勃起状態が維持できずに果ててしまう状態を、プリリジーを服用することで脳の鎮静化につながりバランスが取れて、射精までの時間が延長されやすくなって早ろうが改善されます。

射精までの時間は多ければ4倍程度まで

食事の影響を受けにくいため食後でも空腹時に飲んでも同様の効果が得られますが、性行為を行う1時間~3時間前くらいまでに服用することで、脳内にセロトニンの量が増えて精神的なバランスも保たれやすく、射精までの時間を個人差がありますが4倍程度まで伸ばすことができます。

ダポキセチンの脳内への作用は腸の働きにも影響を与えるため、お腹の調子が良くなって人によっては作用が働きすぎると下痢になってしまうことがあります。血圧の降下や頭痛やめまい、吐き気などが起きる人もいます。

ダポキセチンは体外から排出されやすい性質があるので、何日も影響を受けることはありませんが、強く作用が働く服用後の6時間程度は注意が必要です。

公開日: