早ろう治療薬「プリリジー」で早ろうで悩むのはもう止めよう!

早ろうって友達や同僚にも相談し辛くありませんか?だからと言って気軽に病院にってわけにも行きませんよね?人にも言えないのに病院に行ってる事が分かれば何となく恥ずかしさも出てくるでしょう。早ろうの治療薬は市販薬ではないので簡単に買えません。そういう時こそ個人輸入がとても便利だって事を知っていましたか?

*

早ろうで一番気になっている…病院での診察・治療方法

      2016/10/21

男性の悩みの1、2を争っていると言えるのは「早ろう」です。

性行為をする際に女性がどう思っているのか気になっている、という男性も多いのではないでしょうか。そもそも、早ろうの原因として考えられている背景に包茎というのがあります。包茎には、日本人男性の多くが仮性包茎と言われるぐらい身近なものでしょう。
早ろうを本格的に治療をしようとするならば、病院で診察、診断を受け、必要に応じてカウンセリングを受けたり、早ろう治療薬を使用したり、包茎手術を受けるという方法があるでしょう。

まずはカウンセリングから状況を説明

包茎の種類としては仮性の他に真性、カントンというものがあり、こちらは手術をしない限り治ることはありませんが、仮性に関しては生活や性行為の際に困ることが無いため、治療をしない人が多いようです。

しかし勃起時には皮が剥ける状態にありますが、日常的には皮が被った状態ですので刺激に弱いという弱点があります。そのため早ろうを招きやすいと言われているのです。常に亀頭部分が露出している人は刺激に強いため、早ろうよりも遅ろうになりやすいという現状はありますが、性行為の際に制御が効かない分、男性としての自信が損なわれてしまいます。

また、他の原因によってなっている場合もあります。男性の多くはオナニーをすることが多いですが、その際に短時間で手軽に終わらせてしまうことが多いでしょう。そのためそれに慣れてしまっているという現状があります。また、精神的な要因によってもなりやすいのです。

包茎治療

包茎手術の場合は、必要のない包皮部分を切除手術をすることによって治療ができます。

また包皮部分があまりない場合は電気焼灼手術をすることもあるようです。包茎手術以外にも亀頭部分に薬剤注入し、亀頭増大すると効果があると言われています。

早ろう治療薬

早ろう治療薬としては性欲を増大させる効果があるものや、ペニス自体を増大させる効果があるものがあります。

男性器に自信を持つことも、対策としては必要となってくるようです。また、リドカインと呼ばれる局所麻酔薬を使用することで予防することができるとも言われています。ペニスに直接塗ることで感度を下げることができるので、挿入時間を飛躍的に延ばすことができると言われています。

服薬タイプの物よりも即効性があるのが魅力です。しかしその反面、感度が下がりすぎてしまう可能性もあるため、使用には十分注意が必要です。

スクイーズ法

また、スクイーズ法という防止法もあります。

これは手で射精寸前までペニスを刺激し、射精しそうになった時に亀頭を抑えつけ射精を止めるという方法です。これを何度も繰り返していくことで、射精のタイミングをコントロールすることができるようになります。