早ろう治療薬「プリリジー」で早ろうで悩むのはもう止めよう!

早ろうって友達や同僚にも相談し辛くありませんか?だからと言って気軽に病院にってわけにも行きませんよね?人にも言えないのに病院に行ってる事が分かれば何となく恥ずかしさも出てくるでしょう。早ろうの治療薬は市販薬ではないので簡単に買えません。そういう時こそ個人輸入がとても便利だって事を知っていましたか?

*

敏感であればあるほど早ろう?肉体的な原因

      2016/08/22

早ろうは自分で射精のタイミングをコントロールする事ができない状態で、その状態に悩んでいる男性は思った以上にいます。
その原因は心因性のものがほとんどと思われがちですが、身体的・肉体的なものもあります。

包茎も早ろうの原因になる

肉体的な原因の1つが包茎です。

包茎とは亀頭が包皮に覆われたままの状態になっているもので、日本人男性の約6割がその状態と言われる事もある程メジャーな症状です。ただ包皮に覆われたままになっていると通常は殆ど亀頭が何かに直接接触する事が無い為、どうしても刺激に弱く敏感になってしまう事があります。また男性の中には早ろうと包茎が組み合わさってる人も多く、包茎の男性は亀頭が小さく敏感になっている事もあり、少しの刺激に耐える事ができません。

だから性行為の時に女性の膣壁でペニスがこすれて刺激を受けると、日常的にこすれる状態になっていない亀頭ではその刺激に耐える事ができず射精してしまいます。そもそも亀頭自体はとても敏感な場所となっているので、通常露出されている人でも快感を感じる事は十分可能です。

従って、包皮にくるまれて刺激を感じていない人には、少々それが強すぎるのです。

ただ、敏感であればあるほど早ろうかと言ったらそうとは限りません。
もちろん肉体的な原因もありますが、実際には早ろうは心因性のものも影響しているからです。だから肉体的な方だけ改善しようとしても、なかなかその状態が改善されない事もあります。

早ろうの原因をしっかりと知る事から

包茎を改善する為には、まずは自分がどのような状態になっているかを明らかにします。

包皮を引っ張れば亀頭を露出する事ができるならば、それは仮性の状態なので、余計な包皮を除去したり、亀頭が露出している状態を保つ様にすれば徐々に改善されます。包皮口が小さすぎて亀頭が露出しない場合は真性、若しくはカントンと言う事になるので、この場合は外科的な手術を行う事になります。

泌尿器科で行われる手術は保険が適用されますが、手術後は仮性の状態になります。
メンズクリニックでは保険適用外となりますが、手術後は亀頭が露出された状態になります。

あくまでも早ろうの原因となっているのは包茎だけではなく、さらに様々な要因が複雑に絡み合っている事も有ります。
従って1つの方法で解決しようとするのではなく、まずは様々な可能性を模索する事、そしてそれに合わせて対処する事によって徐々に改善して行く事は可能となっています。ただ人によってもアプローチ法は違う為、その点を十分配慮した上で対処します。