早ろう治療薬「プリリジー」で早ろうで悩むのはもう止めよう!

早ろうって友達や同僚にも相談し辛くありませんか?だからと言って気軽に病院にってわけにも行きませんよね?人にも言えないのに病院に行ってる事が分かれば何となく恥ずかしさも出てくるでしょう。早ろうの治療薬は市販薬ではないので簡単に買えません。そういう時こそ個人輸入がとても便利だって事を知っていましたか?

*

早ろうとは時間ではなく満足の度合いの問題

      2016/10/01

世の中には早ろうで悩んでいる男性が数多く存在します。ところがこの早ろうは、定義が実にあいまいなのです。

一般的に言われている事としては、時間にして女性の膣に陰茎を挿入してから2分以内に我慢ができないで射精をしてしまう状態をいうと言われています。ところが、男性の中には女性を満足させる前に先にいつも自分が射精してしまう事から、自分は早ろうだと勘違いしている事も多くあります。

一般的には、女性は男性よりもオルガズムに達するまでに時間がかかる傾向にあります。

精神的な満足も女性には大切

もちろんそれには個人差がありますが、体の作りの特性上そのようになっているのです。

そのため男性の方が女性の性的な満足を迎える前に射精してしまう事は、ごく普通の事でもあるのです。さらに言えば、相手はその事をあまり気にしていない事も良くあります。必ずしもオルガズムに達する事だけが、性的な満足でないこともあるのです。

性行為はお互いの愛を確かめあう行為であり、そこに意味を感じている女性が多くいます。ですので体の満足だけではなく、精神的な満足感を与える事も重要です。そのことで充分と考えるパートナーはたくさんいるのです。

挿入だけが満足とは限らない

それにオーラルセックスという言葉があるように、性行為だけが性的に満たす事ではありません。

それでも相手を満たしたいという場合には、陰茎を挿入している事で興奮の絶頂に導く事だけではなく、相手の性感帯を指や口を使って刺激し、気持ち良くさせて絶頂に導くという方法もあります。

男性は直ぐに挿入したがると言われる事もありますが、前戯であったり抱き合ってお互いの体温を感じたりする事も重要な愛し方です。このような行為を好み、時間をかけて触れあう事を大事にしたいと考えている事が、実は非常に多いのです。

そのことから早ろうだと思って悲観的にならず、そのようなあいまいな定義に振り回されずに、もっと二人なりの愛の時間を楽しめるように相手と体を使って確かめあう事が大切です。すると、思いも寄らない二人だけのセックスの形が、見つかることでしょう。もしかしたらこういった心の満足から早ろうも改善されていくかもしれません。

女性は治療も好意的に思っている

しかしながら、みんながこれに当てはまるわけではありません。

中には早ろうであることを身体的な原因らえられず、深刻な問題としている場合もあります。また、どうしても相手を性行為で満たしてあげたいと考える男性もいることでしょう。そのようなときは率先して治療を受ける事を考えましょう。治療に対して女性は否定的に思っている人は少なく、思った以上に好意的に手助けをしたいと思っている人が多いです。