ついにたばこに「さよなら」を告げる日がくる!

たばこの本数を減らしてみた。思い切って残ったたばこを捨てて今から禁煙をやってみた。結局止められずに挫折を繰り返したあなたにはもう一頑張りして「チャンピックス」で成功をさせましょう。

*

通販で安価に入手できる禁煙薬チャンピックス

   

禁煙の治療薬にチャンピックスがあります。これは飲み薬で、1日1錠、2錠を数週間続けることによって高い確率で禁煙を成し遂げられるというものです。

保険が利かないと高額

通常チャンピックスを服用するには病院(禁煙外来)に行き、処方箋を出してもらって購入となります。

禁煙外来の場合、いくつかの条件をクリアしない場合には保険が利きません。保険が利かない場合には自由診療の扱いとなり自費負担となってしまいます。診察や検査、処方箋代となると高額になり、さらにチャンピックス代も加わります。

基本的に保険が利けばどの病院でも多少の金額の差が出たとしてもそれほどではありませんが、しかし自由診療となると別です。自由診療の金額はどこかで決められているわけじゃなく病院が決めていて制限がありません。簡単に言えばA病院では自由診療代が1万円なのに対し、B病院では2万円となっても問題はないということです。

禁煙はしたいが金額的に躊躇した場合、おすすめできるのはチャンピックス代のみで購入できる個人輸入という手法です。

チャンピックスを個人輸入

チャンピックスを個人輸入する一番のメリットはやはり支払う金額です。

保険が利いても利かなくても通常は病院に行き、診察して処方箋を出してもらってチャンピックスを購入するのが通常の流れです。しかし個人輸入で購入する場合は、病院に行くまでの費用から診察や処方箋の費用まで全く必要ありません。更に、病院によっては処方される薬に違いがあるとしても薬自体も個人輸入で購入した方が割安となっています。

仕事の都合上、長期に病院へ通う時間がない人や、近くに禁煙治療を行なっている専門病院などない、という人まで利用できますし、大変に便利な存在と言えます。

個人輸入の方法

個人輸入と聞くとちょっと尻込みをしてしまうかもしれませんが、安心してください。

インターネット検索をしてもらうとわかりますが、個人輸入を代行してくれるサイトが多数あります。表記も日本語ですので特に問題もなく、サイトによっては薬の成分や服用方法なども記載しています。何より通販サイトと同じような感覚で購入できるわけです。

代行してくれるサイトを要チェック

チャンピックスのみだけではなく、日本の病院などで処方していない医薬品なども代行してくれるサイトはいくつかあります。インターネットで検索していくつかのサイトを見比べてみてください。安心できるサイトとそうではないサイトが意外にはっきりしているように思えます。口コミの記載などもそうですが、更新している頻度や商品のラインナップも参考の1つになるかと思います。

どのサイトも絶対に問題はありません!とは言えないのが不安なところかと思います。しかし安心できるサイトが見つかれば購入方法や扱う医薬品に不安などなくなります。

商品は海外から発送されるところが多いので、手元に届くには多少の日数がかかるのがデメリットです。初めて購入の場合には待ち遠しくなると思いますが、次回からは手元の商品の残りを見て注文しれば問題はなくなると思います。